去勢・不妊手術

  • HOME
  • >去勢・不妊手術

飼い主さまに安心してもらえる手術を心がけています

大切な家族の健康のためにも手術を受けさせてあげましょう

大切な家族の健康のためにも手術を受けさせてあげましょう

去勢・不妊手術は、全身麻酔下で行います。手術を受けさせることが心配だったり、かわいそうに感じられたりする飼い主さまもおられます。ですが、去勢・不妊手術を受けることで、望まない繁殖が防げるだけでなく、命にかかわる生殖器関連の病気や、卵巣・子宮の病気が予防できるようになります。

また、去勢・不妊手術はワンちゃん・ネコちゃんともに生後6ヶ月前後に受けるのが良いとされていて、初回発情が来る前に手術するのがベストです。雌のワンちゃん・ネコちゃんの場合、初回発情前に手術を受けることで、乳腺腫瘍の発生率が大幅に低下します。

このように、去勢・不妊手術はワンちゃん・ネコちゃんの健康を守るうえで、かかせないものです。大切な家族の健康のためにも、手術を受けさせてあげるようにしてください。

去勢手術について

去勢手術とは

去勢手術とは、全身麻酔下で精巣(睾丸)を摘出する手術です。手術は日帰りで行います。望まない繁殖が防げるほか、「精巣腫瘍」「前立腺肥大症」「肛門周囲腺腫」「会陰ヘルニア」などの病気が予防できます。開腹が必要な不妊手術と比べると簡便で、通常、手術時間は1時間程度です。もちろん、日帰りで受けていただけます。

去勢手術を受ける時期

去勢手術はワンちゃん・ネコちゃんともに、生後6ヶ月前後に受けるのが良いとされています。

去勢手術を受けるメリット

  • 望まない繁殖が防げます
  • 生殖器関連の病気が予防できます
  • マーキング、マウンティング、無駄吠えなどの問題行動が抑えられます
  • 動物たちが発情にともなうストレスから解放されます

去勢手術で予防できる病気

・精巣腫瘍

  • 精巣炎
  • 精巣上体炎
  • 潜在精巣
  • 前立腺肥大
  • 前立腺炎
  • 前立腺過形成
  • 肛門周囲腺腫
  • 会陰ヘルニア

など

不妊手術について

不妊手術とは

不妊手術とは

不妊手術とは、全身麻酔下で開腹し、卵巣か子宮、または両方を摘出する手術です。手術は日帰りで行います。望まない繁殖が防げるほか、「子宮蓄膿症」「子宮内膜症」「卵巣腫瘍」「乳腺腫瘍」などの病気が予防できます。

特に乳腺腫瘍については、初回発情前に手術を受けることで、100%に近い確率で予防できるようになるとされています。初回発情を過ぎると予防率は下がり、初めての発情が来る前に手術を受けさせてあげるのもひとつです。

不妊手術を受ける時期

去勢手術はワンちゃん・ネコちゃんともに、生後6ヶ月前後に受けるのが良いとされていて、初回発情が来る前に手術するのがベストです。

不妊手術を受けるメリット

  • 望まない繁殖が防げます
  • 卵巣・子宮の病気が予防できます
  • 独特の大きな鳴き声を上げる、外へ出たがるなどの問題行動が抑えられます
  • 発情にともなうストレスから解放されます

不妊手術で予防できる病気

  • 子宮蓄膿症
  • 子宮内膜症
  • 卵巣腫瘍
  • 乳腺腫瘍

など

去勢・不妊手術の流れ

1.ご予約
去勢・不妊手術は予約制です。
2.問診・術前検査
手術を受けるワンちゃん・ネコちゃんを連れて、当院へお越しください。動物の健康状態や年齢などを確認し、血液検査などの術前検査を行って、手術が適応かどうか診断します。その後、飼い主さまとご相談のうえ、手術日を決定させていただきます。
3.手術前日
手術前日の夜ごはんは9時ごろまでに済ませて、その後は絶食でお願いします。お水はあげてもかまいません。
4.手術当日
手術当日は朝ごはんをあげず、絶食でお願いします。お水は少量であれば、あげてもかいません。
5.ご来院
お伝えした時間に当院へお越しください。当日のワンちゃん・ネコちゃんの健康状態を確認させていただきます。
6.手術
ワンちゃん・ネコちゃんに去勢・不妊手術を行います。可能な限り手術時間を短くし、できる限り動物への負担を少なくする「安心・安全・低侵襲の手術」を心がけています。
7.手術終了
手術が終わり、その後のワンちゃん・ネコちゃんの様子に問題がなければ、当日中にお返しします。もし、「1日病院で様子をみてほしい」ということでしたら、1泊入院することも可能です。

去勢・不妊手術の費用

体重によって、費用は変動しますのでお電話にて、お問い合わせください。